歯医者に定期的に通おう|予防歯科で歯の健康が保てます

女性医師

医師目線の選び方

歯ブラシと診察券

大阪で歯医者を探す際、患者目線でなく医師の目線から病院探しを行なうと意外なことに気付かされます。治療技術が良いことだけではなく、治療の全体像をしっかり見ているかなども大切な判断基準になるのです。

詳細を確認する

費用の相場を調べよう

治療室

大阪の歯医者ではホワイトニングを受けることができます。その際、事前にカウンセリングなどを行ない歯の健康状態を診察してくれるので安心して施術を受けられます。また、自由診療なのであらかじめ費用を調べておくと良いでしょう。

詳細を確認する

自宅で治療を受けよう

白い歯

高齢者が定期的に歯医者に通うのは難しいものです。実は現在、大阪では訪問診療が注目を集めています。自宅まで直接診察に来てくれるので、通院にかかる手間が省けるのです。治療内容も普通の病院と変わらないので安心して利用できます。

詳細を確認する

歯の病気を未然に防ぐ

歯の模型と医療器具

歯の健康を保つために、三ヶ月に一度は歯医者に通った方が良いと言われています。現在、東京や大阪などの歯医者には一般歯科のほかに予防歯科という診療科目が設けられています。大阪に多い予防歯科は一般歯科と違い病気を治すことが目的ではありません。歯のケアをして未然に病気を防ぐことが主な目的です。大阪以外にも全国的に歯磨きの指導や薬剤の塗付などをしながら歯の健康を守っていきます。
予防歯科での受診のポイントは3つです。1つめはフッ素を歯に残しておくことです。フッ素は歯の質を強化しながら余計な酸が作られるのを防いでくれます。そのため、適度に残しておけば虫歯の発生と進行を抑制できるのです。このフッ素は歯医者で塗ってくれますが、専用の歯磨き粉を使えば自宅でも簡単に塗ることができます。2つめは歯垢を残さないことです。歯垢は主に奥歯や歯の間に付着する細菌の塊で、なかなか取り除くことができません。また、長い間残しておくと虫歯だけでなく歯周病の原因にもなります。予防歯科では歯垢を取り除くための適切な歯磨き方法を指導してくれるので、やり方を覚えて毎日実践しましょう。自分にあった歯ブラシを選ぶことも大切です。同時に歯間ブラシなどを使うとより効果的です。そして3つめが、細菌の数を増やさないことです。口の中に細菌が繁殖すると歯垢が生成され、病気にかかる確率が大幅に上がります。口腔内の細菌は寝ている間に増えてしまいます。そのため、殺菌効果のある薬剤を寝る前に歯に使用すると、口の中を健康に保てるはずです。大阪の歯医者での予防と平行して自宅でも歯のケアをしっかり行ないましょう。